お知らせ

仕事に行こうとすると吐き気に見舞われやる気もなくなる…。少し自分にご褒美をあげてみませんか?

ゆかいさぽーとストレスマネジメント研究所の仕事に行こうとすると吐き気に見舞われやる気もなくなる…。少し自分にご褒美をあげてみませんか?

仕事に行こうとすると吐き気に見舞われやる気もなくなる…。少し自分にご褒美をあげてみませんか?

出勤前の謎のつらさ


食欲不振というわけでもなく、消化不良というわけでもないのに、毎朝、いざ仕事に行こうとすると吐き気に見舞われます。吐き気はあっても実際に吐くというところまではないのですが、今日も一日頑張るぞ!と意気込みとは反して、身体に足を引っ張られているような感覚です。仕事を休むほど酷いものではないのですが、せめて朝くらいはスムーズにスタートさせたいです。お守り代わりのような役割で吐き気止めの薬が手放せない状態です。とは言っても、飲んでも大して効きません。いざ就業すると出勤前の吐き気は気にならなくなります。というよりは、就業中は時間に追われるので気にしている場合ではないという言い方が正しいと思います。このように仕事はそれなりに忙しいため、働いた後はしっかりと食事も取れますし、食中食後も吐き気に見舞われることはありません。むしろ、一日無事終えた充実感からとても美味しく食事できています。なのに…朝の出勤前の謎の吐き気…それだけでやる気がなくなります…。

環境を変えたら楽になるものなのか?
単なるストレスからくるものなのか?
自分でもよく分かりません。どうしたらこのような吐き気から解放されるのでしょうか?


 

防衛反応

これから一日頑張らないといけないときに身体に足を引っ張られてしまうとやる気も起きないし、気分も沈みがちになってしまいますよね…。
しかし、この身体の反応はあなたを守るために働いてくれている「防衛反応」のひとつなのです。原因は環境不適応なので、今の身体の反応を軽減させる方法として、今の環境を変えるか?今の環境になじめるように務めるか?このいずれかの選択になります。

まず身体を労りましょう

しかし、このような身体的な反応が出ているときにまず最初にやらないといけないことは、身体を労わるということです。美味しいものを食べたり、行きたい場所に出かけて全身で風を感じたり、観たい映画を進んで鑑賞するなど、身体が喜びそうなことを積極的に行なってみましょう。人間は、これまでのマンネリ化したパターンから抜け出すことができるとセルフイメージが上がるので、最適な選択をすることができるでしょう。

 

身体の防衛反応の原因は身体のこわばりにある

身体を労わるためにいくつかの方法をご紹介しましたが、これらの方法の目的は、身体のこわばりを取ることにあります。身体のこわばりが強すぎるときにはこれらの方法が返って逆効果になることがあります。その際はまず、これまで頑張ってきた結果、引き起こされた身体のこわばりを取ることが先決です。ゆかいさぽーとで行なっているホットストレッチは短時間で身体のこわばりを取ることができます。広島で唯一、コチラでお受け頂けます。ご興味のある方はコチラ↓をご覧ください

 

わずか30分で身体のストレスを取るホットストレッチの詳細はコチラ⤵


  • リラクセーション メンタルヘルスケア

    ストレスケアリラクゼーションと
    それにかかわる講演・講師

    労働安全衛生法によるメンタルチェック・
    ストレスチェック義務化対応事業

    082-521-9508

    担当者直通 090-3634-9520

    サービスは完全予約制ですが
    まずはお電話でお問い合わせ

    お電話受付時間:9:00~19:00

    〒730-0805 広島県広島市中区十日市町2丁目4-20

    ゆかいさぽーとストレスマネジメント研究所